読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関西ジャニーズJr. Xmas Show 2015

ジャニーズJr
関西ジャニーズJr.XmasShow2015に見に行ったよ!初めてづくし!今年最後の現場!そう言えばクリスマスだったね!

大阪松竹座はステージが近いよ〜とは聞いていたけど、本当に近かった。びっくり。しかも今回、前から6列目で、目がばっちり合う。びっくり。ドームコンサートで豆粒アイドルばかり見てきたからか、近くでキラキラを摂取しすぎて頭痛い。でもこの近さや閉塞感は中毒性ある。

関西ジャニーズJr.は、ジャニショで西畑くんに一目釘付けになって以来、初めてのリアル関西ジャニーズJr.でした。まいじゃには毎回見てるけど、全然関ジュの名前分からん。

1人で入ったんだけど(まぁ、だいたいいつも1人だけどな!)、周りが友達と盛り上がってずっと喋っててちょっと羨ましかった。その盛り上がりに1人で合わせられなくて、ペンラも大人しく振るし声もほとんど出せなかった。関ジュに詳しい人、一緒に参戦してください。大阪松竹座で1人は耐えられません。

内容は関ジュオリジナル曲(というのもよく分からないけど、ザックリ関ジュ曲ってことかな!)と先輩曲の披露に、コントとMC、という感じ。

なので初めてづくしだしということで、内容より関ジュにスポット当てて、駄文連ねます。よろしく、未来の自分。

西畑大吾くん
ジャニショの滝沢革命(違ったらすいません)のコーナーで、釘付けになったその人、西畑大吾くん。なんだけど、まいじゃにや少クラ見てると、強火二宮担って先入観もあってか、ウインクとお得意のわんこ顔以外印象に残らず、このままフェードアウトか!?と思っていた矢先だけに、その印象は随分と変わった。ウインクとわんこ顔以外にも多彩な表情をしてたの!あれだ、テレビでカメラに抜かれる時が決まってウインク顔だっただけなんだな!彼の中でのアイドル像ってウインクしてればいいでしょって固定概念あるのかな(ひどい)って見てたので、ちゃんと関ジュのトップ張ってる貫禄もあったし、ウインクの顔も可愛いだけじゃないいろんな表情を魅せていて、私がテレビで見ていたのは何だったんだ!俺は何を見ていたんだ!ってぐらいに、伸びしろ未知数の西畑大吾健在でした。朝ドラも出るし、要チェケラだよ自分。

アイドルのバラエティを最重要視してる身からしてみると、向井さんはバラエティをちゃんと回せるすごい人!ってまいじゃにで株価鰻登りだった人。まいじゃにの最後に歌披露があるんだけど、向井さん=バラエティ、という図式が崩されかける程に、えっ?普通にかっこいいアイドルじゃん!ってなってたけど、いやいや私はバラエティの素敵な向井さんが好きなんで!を貫いてたのに、今回のであっさり覆りました。向井さんはアイドルとして超絶イケメンでした。ようやく認めました。あまのじゃくでして、すいませんホント。ロックナンバーのCOOLな曲で踊ってる向井さんがかっこいいなぁと思ってたんだけど、MCで三宅健やらV620周年の話しだして、V6がJwebのフェィバリットアーティストにするぐらいV6が好きな向井さんに、どうして私は向井さんのダンスを好みとするのか分かった所存であります。担当にした事はないけど、私はジャニーズ1グループダンスを愛してるのがV6なので(殿堂入り)、向井さんのスタイルの良さが堪能できる指先まで神経の行き届いたダンスが好きなんですよぉねぇ、本当にかっこいい!後まいじゃにでも思ってたけど、あまりテレビ慣れしてないチビッコJr.の立ち位置やマイク調整を自然な流れで教えてあげたり直したりしてるの見て、優しい(ハート)って男性的にも素敵で、もちろん松竹座でも優しかった。いや奥さん、話の流れを継続したままJr.の立ち位置直すってなかなか難しいんでっせ!場の配置や空気、展開が同時進行で処理できる向井さん、素敵っす。かっこいいっす。おっす。

大西流星くん
大西くんすごいな、予測変換に出てくるんだね。向井さん出てこなかったよ…。ざっくりだけど、内外で可愛いを一手に引き受ける大西くんは、14歳にして関ジュエース。役割が分かっていて可愛いをアイドルとして魅せてくれる彼は、プロのアイドル職人なのです。スマートな仕事振りから、優秀すぎて、この賢さをジャニーズだけでとどめておいていいのか!?とKAT-TUNの担当でもあるのでトラウマのごとく思ってしまう。田口くん辞めるの止めよ!…失礼。でも大西くんはどの世界でも上に登っていく人ですね。どうやって生きてきたらその処世術が身につくのか、大西くんのお母様に聞いてみたいものです。生まれ持った感性なら、アイドルを生業とてほしい!…というのが彼らを苦しめるのかもしれないね。情緒不安定でごめんね。
大西くんの後輩も言ってたロボットダンスは、必見です。彼ほどしゃかりきにダンスする姿が似合う人は、松竹座にはいなかった。ヘブンリーサイコというエイトの曲(みんな好きすぎる名曲!)を西畑くんと大西くんで歌った時、「今は未来に向かう道の途中だ」という歌詞が、デビューをしていない二人の行く末がアイドルとして輝かしい未来であることを祈りたい気持ちになった。エイトが開拓してきた関西ジャニーズJr.としての茨の道を、どうやって今の関ジュは歩いていくのだろう。だけれど間違いなくこの歌詞を歌う二人には強く確かな歩みを見た気がして、頼もしく映った。期待している。

室龍太くん
もし今回のXmasShowで座長がいるのだとしたら、間違いなくるーたくんだった。正直かっこいい!とか素敵!って思ったことないけど(正直に言い過ぎ)、入りたてのチビッコJr.もエース達も全員まとまっていられるのは、誰もが大先輩るーたくんへのツッコミを許させる垣根のない朗らかで優しい人柄に他ならない。詳しくは知らないのだけれど、相方を失った向井さんが、甘えられるのは(ファンの前では、という意味での)るーたくん以外にはいないと切実に感じた。向井さんは、ある種とても繊細な人なんだろうなぁと感じているので、よくぞあの時折れずにステージに立ち続けていられたなと思う。隣にるーたくんがいて良かった。るーたくん、関ジュをよろしくお願いします。


今回のXmasShowは1回のみの参戦だったけど、名前の知らないあの子もあの子ももっと見ていたかったので、次回関ジュを生で拝める時はなるべく足を運ぼうと誓った。

予想外の事が一つだけあったので、それを締めとしようと思う。

どうやら私は赤名くんが気になり始めているようだ。

もちろん存在は知ってはいたけど、今回初めてステージの彼を見て目が離せなかった。ダンスが上手いとか、空手がすごいとか(武道男子はもれなく好き)、ドラムを叩きながらベースの子と目を合わせ楽しそうに笑ってるのとか、周りの席が向井さんや大西くんと目を合わせながら指差しやら手を振ってくれたりとかのファンサを間近で見ても自分もしてほしい!とか思わなかったのに(意外にシャイでして)、赤名くんが近くに来た時に思わず手を振ってる自分がいたりして…。

赤名くん。初めまして、をありがとう!